wordshop(c)ことばのお店








あけまして おめでとうございます。
ミサワホーム クロード・モネの生涯と筆跡カレンダー 2017年1月です。
 
これは、あなたがご存知のモネの絵とはだいぶ違っているのではないでしょうか。
ボルドーワインの瓶や樽を身体に見立て、酔った顔のおじさんを描いています。
1857年、モネが16歳の頃描いたカリカチュア(風刺画)です。この年お母さんが亡くなり、モネは学校も辞めてしまいます。学校でも先生の顔や町の人たちをデフォルメした絵ばかり描いていたそうです。
それが評判となり、町一番の額縁屋で売りに出すと、町中で有名になっていきました。その額縁屋で
知り合った風景画家がウジェーヌ・ブーダンという人でモネが最初の師匠と認めた人でした。
ブーダンはモネに一緒に風景を描きに行こうと誘います。始めは気乗りしなかったモネでしたが、
自然の素晴らしさに気づきます。のちにモネは、ブーダンが「自然を理解すること、自然を愛する
ことを教え、私の目を開かせてくれた」と語っています。本格的な画家になる前に、カリカチュアで
稼ぎ18歳になる頃には2000フランも貯まったそうです。それを持ってル・アーヴルから
パリに絵の修行に出て行くというわけです。
 
2017年があなたにとって、素晴らしい年になりますよう、心よりお祈りいたします。




ことばのお店には、6つのお店があります。
①笑いのお店 ②CMのお店 ③音楽のお店 
④デザインのお店 ⑤ブランディングのお店 ⑥カードのお店
展覧会とちぎり文字教室もあります。

絵本『うまれる』発売中
詳しくはこちらLinkIcon